新しいカレンダーでできること

Google カレンダーでは会議や予定を簡単にスケジュール設定でき、また今後の活動のリマインダーを受け取ることができるため、常に次の予定を把握できます。カレンダーはチーム向けに設計されているため、スケジュールを他のユーザーと共有したり、複数のカレンダーを作成してチームで使用したりできます。

必要なもの:

account_circle G Suite アカウント

schedule 10 分

他のカレンダー プログラムから移行する場合は、Outlook から Google カレンダーに移行するIBM Notes から Google カレンダーに移行するもご覧ください。

1

予定のスケジュール設定

カレンダーではカンファレンスなどの 1 回限りの活動や、スタッフ会議などの定期的な予定を簡単にスケジュール設定できます。予定への招待を受け取ったら、1 クリックで全員に参加を知らせることができます。

このセクションの内容:

1.1

予定を作成する

予定を作成するには:

  1. calendar.google.com のカレンダー グリッドで予定のない時間枠をクリックし、[予定] をクリックします。作成アイコン
    add
    をクリックすることもできます。
  2. (省略可)別のカレンダーを使用して予定を作成するには、自分の名前の横にある下矢印アイコン arrow_drop_down をクリックしてカレンダーを選択します。
  3. 予定のタイトル、日付、時刻を追加し、[その他のオプション] か 保存 をクリックします。
予定を作成する
1.2

ゲストの招待

予定にゲストを招待するには:

  1. 予定を開き、[ゲスト] タブで [ゲストを追加] に移動し、ボックスにユーザーの名前かメールアドレスの最初の数文字を入力します。入力を進めると、組織ディレクトリ内で一致する名前やメールアドレスが表示されます。
  2. 候補をクリックし、そのユーザーを予定に追加します。候補が表示されない場合は、ゲストの完全なメールアドレスを入力します。
  3. (省略可)ゲストの参加を任意にするには、ゲストの名前にカーソルを合わせて任意参加者にするアイコン person をクリックします。
  4. (省略可)ゲストが予定を変更したり、他のユーザーを招待したり、ゲストリストを表示したりできるよう許可するには、[ゲストの権限] の下で適切なチェックボックスをオンにします。
注: 多くのユーザーがいるグループを一度に招待するには、Google グループのメーリング リストを追加します。
ユーザーを招待する、会議室やリソースを予約する
1.3

会議室とリソースの予約

組織の会議室とリソースに関する情報が追加されている場合は、各会議室の場所、定員、利用可能な機器(ビデオ会議や電話)などが表示されます。

会議室とリソースを予約するには(会議室とリソースの情報が追加されている組織の場合):
  1. [会議室] タブで次のいずれかを選択します。
    • [部屋を追加] をクリックし、特定の会議室または利用可能なリソースの名前を入力します。

      会議室の名前、建物の名前、階数、音声またはビデオ機器(電話機や Chromebox for meetings など)を検索できます。

    • 検索ボックスの下で、スクロールして選択肢のリストを確認します。
  2. 各会議室にカーソルを合わせると、その会議室の設備や機能がリストに表示されます。
    注: 詳細情報が表示されない場合、この情報は管理者によってまだ設定されていません。
    • person 定員
    • business 場所
    • videocam 音声、ビデオ機器
    • info_outline 車椅子用アクセスやホワイトボードなど、会議室で利用可能なその他の設備や機能
    • sort 管理者によって提供された追加情報
  3. 適切な会議室を選択します。
予定の時刻を選択する
会議室とリソースを予約するには(会議室の情報が追加されていない組織の場合):
  1. [会議室] タブで次のいずれかを選択します。
    • [部屋を追加] ボックスに会議室の名前を入力します。
    • すべての場所を表示アイコン format_list_bulleted をクリックし、会議室のリストを表示します。
  2. 適切な会議室を選択します。
なし
1.4

予定の詳細情報の追加

  1. タイムゾーンを選択します。
  2. 定期的な予定を設定します。
  3. 時間を探す - 会議のために、同僚の予定が空いている時間を探せます。
  4. 予定の詳細の追加 - 会議の場所の追加、予定の通知の送信などを行えます。
  5. 予定の説明の追加 - 予定の連絡先情報、手順、リンクなどの詳細情報を追加できます。太字、斜体、下線を追加したり、リストやリンクを追加したりして説明の書式を設定できます。
予定を保存、更新する
1.5

予定の保存と更新、ゲストへの通知

詳細情報の入力を終えたら、予定を保存して招待状を送信します。

予定を保存するには:

  1. 保存 をクリックします。
  2. [送信] をクリックしてメールでゲストに通知するか、後でゲストに知らせる場合は [送信しない] をクリックします。
  3. 組織外のユーザーを招待する場合は、[外部のゲストを招待] をクリックして通知するか、後で知らせる場合は [編集を続行] をクリックします。
既存の予定を更新するには:

予定の時間の変更、追加のゲストの招待、メモの追加などを行えます。

  1. カレンダー グリッドで予定をクリックし、編集アイコン create をクリックします。
  2. 予定の時間の更新やファイルの添付などの変更を加えます。
  3. 保存 をクリックします。
]
1.6

予定への返信

予定に招待されると、その予定がカレンダーに表示されます。

招待に返信するには:
  1. カレンダー グリッドで予定をクリックし、下部にある回答を選択します。
  2. (省略可)回答を変更したい場合は、いつでも予定をクリックして新しい回答を選択できます。また、出欠確認にメモを追加することもできます。

注: メールで招待を受けることもあります。Gmail をご利用の場合は、招待メールの [出欠確認] をクリックするか、メールの回答オプションをクリックすることで、招待に回答できます。

なし
1.7

ゲストの出欠の確認

予定へのゲストの出欠を確認するには:
  • 予定を開くと、ゲストの欄にゲストからの回答が表示されます。
  • 予定にグループを招待した場合は、下矢印アイコン arrow_drop_down をクリックしてゲストからの回答を表示します。
なし
1.8

予定の削除と復元

予定を削除するには:
  • カレンダー グリッドで予定をクリックし、削除アイコン delete をクリックします。
誤って削除した予定を復元する、または削除した予定を完全に削除するには:
  1. 削除した予定を見つけるには、設定アイコン settings > [ゴミ箱] をクリックします。
  2. 予定にカーソルを合わせ、次のいずれかを行います。
    • 予定を復元するには、予定の横にあるチェックボックスをオンにして元に戻すアイコン undo をクリックします。
    • 予定を完全に削除するには、予定の横にあるチェックボックスをオンにして削除アイコン delete をクリックします。
  3. (省略可)ゴミ箱内のすべての予定を削除するには、右上にある [ゴミ箱を空にする] をクリックします。

注: 削除した予定は、約 30 日間カレンダーのゴミ箱に残ります。

なし
2

リマインダーを作成する

ToDo リストを忘れないようにするために、個人用のリマインダーを追加できます。

このセクションの内容:

2.1

個人用のリマインダーを作成する

個人用のリマインダーを作成するには:

[マイカレンダー] の下に [リマインダー] が表示されない場合は、[ToDo リスト] の横にある
その他アイコン more_vert > [[リマインダー] に切り替える] をクリックします。

  1. カレンダー グリッドで時間枠をクリックし、[リマインダー] をクリックします。
  2. タイトルを追加し、日時を選択します。
  3. (省略可)リマインダーの繰り返しを選択するには、[繰り返さない] をクリックして繰り返す間隔を選択します。
  4. (省略可)リマインダーを終日表示するには、[終日] チェックボックスをオンにします。
  5. 保存 をクリックします。

注: Inbox by Gmail や Google Keep で作成したリマインダーもカレンダーに表示されます。

デフォルトの通知を設定する
2.2

個人用のリマインダーを変更する

自分用のリマインダーを変更するには:
  1. 次のいずれかを選択します。
    • 対象の時間枠にリマインダーが 1 つしかない場合は、そのリマインダーをクリックしてから編集アイコン mode_edit をクリックします。
    • 対象の時間枠に複数のリマインダーがある場合は、リマインダーのブロックをクリックし、リマインダーにカーソルを合わせて編集アイコン mode_edit をクリックします。
  2. 詳細を更新して 保存 をクリックします。
特定の予定の通知を追加、変更する
2.3

個人用のリマインダーを完了済みにする、または削除する

カレンダーからリマインダーを取り除くには、完了済みのマークを付けるか、リマインダーを削除するか、すべてのリマインダーを一時的に非表示にすることができます。

リマインダーに完了済みのマークを付けるには:
  • 対象の時間枠にリマインダーが 1 つしかない場合は、そのリマインダーをクリックしてから [完了とする] をクリックします。
  • 対象の時間枠に複数のリマインダーがある場合は、リマインダーのブロックをクリックし、リマインダーにカーソルを合わせて完了とするアイコン check をクリックします。
リマインダーを削除するには:
  • 対象の時間枠にリマインダーが 1 つしかない場合は、そのリマインダーをクリックしてから削除アイコン delete をクリックします。
  • 対象の時間枠に複数のリマインダーがある場合は、リマインダーのブロックをクリックし、リマインダーにカーソルを合わせて削除アイコン delete をクリックします。
すべてのリマインダーを非表示にするには:

左側にある [マイカレンダー] の下で [リマインダー] チェックボックスをオフにします。

なし
3

カレンダーの共有と表示

同僚、家族、友人とカレンダーを共有すれば、空いている時刻を簡単に確認できます。また、他のユーザーのカレンダーを表示することもできます。

このセクションの内容:

3.1

自分のカレンダーを共有する

1 カレンダーを一般公開で共有するか、組織内でのみ共有するかを選択するには:
  1. 設定アイコン settings > [設定] をクリックします。
  2. 左側でカレンダーを選択し、[アクセス権限] をクリックします。
  3. カレンダーを共有する方法を選択します。
    • カレンダーをウェブ上で一般公開して利用できるようにする場合は、[一般公開して誰でも利用できるようにする] チェックボックスをオンにします。
    • カレンダーを組織内でのみ利用できるようにする場合は、[ で利用できるようにする] チェックボックスをオンにします。
  4. それぞれの共有権限の横にある下矢印アイコン arrow_drop_down をクリックし、予定の時間枠を表示するかどうかを選択します。
2 カレンダーを他のユーザーがウェブブラウザで表示できるようにするには:

カレンダーの HTML リンクを取得し、他のユーザーと共有できます。

  1. 設定アイコン settings > [設定] をクリックします。
  2. 左側でカレンダーを選択し、[アクセス権限] をクリックします。
  3. 共有可能な HTML リンクを他のユーザーに送信するには、[共有可能なリンクを取得] > [リンクをコピー] をクリックします。
  4. リンクを貼り付けて送信します。
3 特定のユーザーとカレンダーを共有して閲覧範囲を選択するには:

カレンダーを他のユーザーと共有する場合、閲覧できる予定の範囲や予定の変更権限(追加や編集など)を指定できます。

  1. 設定アイコン settings > [設定] をクリックします。
  2. 左側でカレンダーを選択し、[特定のユーザーとの共有] をクリックします。
  3. [ユーザーを追加] をクリックし、カレンダーを共有するユーザーのメールアドレスか名前を入力します。
  4. 次のいずれかの共有権限を選択します。
    • 予定の時間枠のみを表示(詳細を非表示)
    • すべての予定の詳細を表示
    • 予定の変更権限
    • 予定の変更、共有の管理
4 Google カレンダーを使用していないユーザーとカレンダーを共有するには:
  1. [特定のユーザーとの共有] で [ユーザーを追加] をクリックします。
  2. カレンダーを共有するユーザーのメールアドレスか名前を入力します。
  3. [送信] をクリックします。
  4. カレンダーを共有するユーザーがカレンダーを使用していない場合は、[招待] をクリックして招待状を送信します。
自分のカレンダーを共有する
3.2

他のユーザーのカレンダーを表示する

相手の予定を確認したいときは、チームメンバーのカレンダーを追加すれば、そのスケジュールをすぐに確認できます。

    チームメンバーのカレンダーを追加するには:
  1. 左側で [同僚のカレンダーを追加] をクリックし、ユーザーの名前かメールアドレスの入力を開始します。
  2. ユーザーをリストから選択します。
  3. ユーザーが共有カレンダーを設定している場合は、そのカレンダーがカレンダーのリストに表示されます。そのユーザーの予定もカレンダーに表示されます。
  4. ユーザーが Google カレンダーを持っていない場合は、リクエストを追加して [招待状を送信] をクリックします。
  5. 同僚の空き情報を確認して予定のスケジュールを簡単に設定できます。
    • 自分のカレンダーの横に同僚のカレンダーを並べて表示するには、その名前の横にあるチェックボックスをオンにします。
    • 数人の同僚のカレンダーを一度に表示するには、その名前の横にあるチェックボックスをオンにします。右上にあるビューの切り替えボックスで [] をクリックします。各カレンダーが横並びに表示されるので、全員に予定のない時間を簡単に確認できます。
  6. (省略可)自分のカレンダーだけを表示するには、カレンダーの名前にカーソルを合わせ、その他アイコン more_vert > [このカレンダーのみ表示] をクリックします。
他のユーザーのカレンダーを表示する
3.3

共有カレンダーを作成する

自分のカレンダー以外に、共有カレンダーを作成して、プロジェクトのスケジュールや同僚の休暇などグループのアクティビティを管理できます。

チーム カレンダーを作成するには:
  1. 左側にある [同僚のカレンダーを追加] の横で、追加アイコン add > [新しいカレンダー] をクリックします。
  2. カレンダーに名前を付け、説明を追加します。
  3. [タイムゾーン] をクリックし、タイムゾーンを選択します。
  4. [カレンダーを作成] をクリックします。新しいカレンダーが [マイカレンダー] の下に表示されます。
  5. (省略可)カレンダーの設定を更新するには、そのカレンダーにカーソルを合わせてその他アイコン more_vert > [設定] をクリックします。

注: 同じ手順で他にもカレンダーを作成できます。作成できる数に制限はありません。

なし
3.4

予定とカレンダーを読み込む、書き出す

カレンダーに予定の情報を読み込んだり、カレンダーを書き出したりできます。詳しくは、Google カレンダーへの予定の読み込みをご覧ください。

予定の情報を読み込むには:
  1. 左側の [同僚のカレンダーを追加] の横で、追加アイコン add > [インポート] をクリックします。
  2. [パソコンからファイルを選択] をクリックし、ファイルを選択して [開く] をクリックします。
  3. [インポート] をクリックします。読み込まれた予定がカレンダーに表示されます。
カレンダーを書き出すには:
  1. 設定アイコン settings > [設定] をクリックします。
  2. 左側にある [インポート / エクスポート] をクリックします。
  3. [エクスポート] で [エクスポート] をクリックします。

ZIP ファイルがパソコンにダウンロードされます。ZIP ファイルを開くと、各カレンダーの ICS ファイルが表示されます。ファイルをカレンダーに読み込み直す場合は、ZIP ファイルから個々の ICS ファイルを取り出して 1 つずつ読み込みます。

なし
3.5

カレンダーを削除する

カレンダーを削除するには:
  1. 設定アイコン settings > [設定] をクリックします。
  2. 削除するカレンダーを選択し、下部までスクロールします。
  3. [カレンダーの削除] で次のいずれかを行います。
    • 読み取り専用のカレンダーの登録を解除するには、[登録解除] をクリックします。
    • 自分が所有しているカレンダーを削除するには、[削除] をクリックします。
なし
4

カレンダーのカスタマイズ

カレンダーの主な機能の使用法について理解したら、次はあなた自身の仕事の進め方に合わせてカスタマイズします。

このセクションの内容:

4.1

予定の通知を管理する

受信した予定の通知の管理方法を決定できます。

予定の通知を管理するには:
  1. 設定アイコン settings > [設定] をクリックします。
  2. 左側の [全般] の下で、[予定の設定] をクリックします。
  3. [通知] をクリックし、次のいずれかを選択します。
    • OFF
    • ブラウザの通知
    • アラート
  4. 受信した通知に音を設定するには、[通知音を鳴らす] チェックボックスをオンにします。
  5. 左側でカレンダーを選択し、[一般的な通知] をクリックして受信する予定の通知の種類を管理します。
  6. 下矢印アイコンarrow_drop_down (各項目の [メール] の横にあります) をクリックすると、通知をオンにするかオフにするかを選択できます。
予定に独自の通知を設定するには:
  1. 予定をクリックし、編集アイコン mode_edit をクリックします。
  2. 通知アイコン notifications の横で、[メール] か [通知] を選択します。
  3. 通知の期間を選択します。
  4. (省略可)別の通知を追加するには、[通知を追加] をクリックして手順 2~3 を繰り返します。
チーム カレンダーの作成
4.2

カレンダーの表示を選択する

カレンダー ビューに一度に表示される日数を選択できます。カレンダーの上部で、最適な設定を選択してください。

カレンダー ビューを選択するには:

右上にあるビューの切り替えボックスで、下矢印アイコン arrow_drop_down をクリックして設定を選択します。

  • 日、週、月、年でカレンダーを表示する
  • スケジュールを表示する
  • 週末を表示する、または非表示にする
  • 辞退した予定を表示する、または非表示にする
  • 日ビューで複数のカレンダーを並べて表示するには - [] ビューを選択し、表示するカレンダーの横にあるチェックボックスをオンにします。

次の日または前の日のカレンダーを表示するには - [今日] の横にある次へアイコン keyboard_arrow_right または前へアイコン keyboard_arrow_left をクリックします。

カレンダー ビューの設定を管理するには:

  1. 設定アイコン settings > [設定] をクリックします。
  2. 左側の [全般] の下にある [ビューの設定] をクリックします。
  3. 目的のビューに応じて、次のチェックボックスをオンまたはオフにします。
    • 週末を表示する
    • 辞退した予定を表示する
    • 過去の予定を薄い色で表示する
    • [日] ビューで複数のカレンダーを並べて表示する
  4. [週の始まり] をクリックし、週の始まりを選択します。
  5. [カスタムビューの設定] で下矢印アイコン arrow_drop_down をクリックし、カレンダー ビューに表示する日数または週の数を選択します。
  6. [代替カレンダー] で下矢印アイコン arrow_drop_down をクリックし、代替カレンダーを選択します。
なし
4.3

カレンダー ビューを変更する

カレンダー ビューを変更すると、同じ画面に重ねて表示した複数のカレンダーを区別しやすくなります。

カレンダーの密度と色を変更するには:

  1. 設定アイコン settings > [密度と色] をクリックします。
  2. [情報密度] > [最小] または [画面に合わせて自動調整] をクリックします。
  3. [カラーセット] > [モダン] または [クラシック] をクリックします。
  4. 完了 をクリックします。
カレンダーの色を変更するには:

左側のカレンダーにカーソルを合わせ、その他アイコン more_vert をクリックしてパレットから色を選択します。

予定の色を変更するには: 予定を右クリックして新しい色を選択します。

注: 予定の色を変更すると、予定の左側にある垂直の線に元の色が表示されます。

なし

次のステップ

今すぐ試す

トレーニングを続ける

予定に添付ファイルを追加したり、予約可能なオフィスアワーを設定したり、チーム カレンダーを作成したりできます。