1

主な相違点

これまで、仕事以外でも一般向けの Microsoft Word®(Microsoft® Office® 2013 など)を使用していた方も、Google ドキュメントを使うようになれば同様の機能が多数見つかり、利便性が高まります。

Google ドキュメントを入手: desktop_windows docs.google.com smartphone Android アプリ | iOS アプリ

1.1

機能

word Word
(Office 2013 の場合)

docs Google ドキュメント

機能

リアルタイムでの共同編集

word Word
(Office 2013 の場合)

  • 共同編集者を追加する*
  • 変更中の内容が表示される*
  • コメントを追加したりコメントに返信したりする*
  • ドキュメント内でリアルタイムにチャットする*
*Word Online のみのサポートで、Microsoft アカウントが必要です。

docs Google ドキュメント

  • 共同編集者を追加する
  • 変更中の内容が表示される
  • コメントを追加したりコメントに返信したりする
  • ドキュメント内でリアルタイムにチャットする
  • 編集内容を提案する

機能

ドキュメントの共有

word Word
(Office 2013 の場合)

  • コピーをメールに添付する
  • メールまたはチャット ウィンドウでリンクを共有する*
  • ウェブ上で一般公開する*
*Word Online のみのサポートで、Microsoft アカウントが必要です。

docs Google ドキュメント

  • コピーをメールに添付する
  • メールまたはチャット ウィンドウでリンクを共有する
  • ウェブ上で一般公開する
  • ドキュメント内で直接共有する
  • ドキュメント ファイルをメールに挿入する
  • Google サイトに埋め込む

機能

共有アクセスの設定

word Word
(Office 2013 の場合)

2 レベルの共有アクセス*

  • 閲覧のみ
  • 編集権限
*Word Online のみのサポートで、Microsoft アカウントが必要です。

docs Google ドキュメント

4 レベルの共有アクセス

  • 閲覧のみ
  • 編集権限
  • コメントのみ
  • オーナー(オーナー権限の譲渡が可能)

機能

共有の公開設定の制御

word Word
(Office 2013 の場合)

3 種類の公開設定の制御*

  • 特定のユーザー
  • リンクを知っている全員
  • ウェブ上で一般公開(ウェブで検索可能)
*Word Online のみのサポートで、Microsoft アカウントが必要です。

docs Google ドキュメント

6 種類の公開設定の制御

  • 特定のユーザーまたは Google グループ
  • リンクを知っている全員
  • ドメイン内のリンクを知っている全員
  • ドメイン内のすべてのユーザー(ドライブで検索可能)
  • ウェブ上で一般公開(ウェブで検索可能)
  • 共有の有効期限の設定

機能

版の管理

word Word
(Office 2013 の場合)

  • ドキュメントの詳細な版にアクセスする
  • 前の版を復元する
  • 変更を加えたユーザー名と変更内容を表示する*
*Word Online のみのサポートで、Microsoft アカウントが必要です。

docs Google ドキュメント

  • ドキュメントの詳細な版にアクセスする
  • 前の版を復元する
  • 変更を加えたユーザー名と変更内容を表示する

機能

Word ファイルの操作

word Word
(Office 2013 の場合)

ドキュメントを Word で開く

docs Google ドキュメント

Word ファイルの 3 種類の操作方法

  • ドライブで Word ファイルを Google ドキュメント ファイルに変換する
  • ドライブで Word ファイルを直接開き(Office のインストールは不要)、ドライブに保存する
  • Office で Word ファイルを開いてドライブに保存する
2

ドキュメントを操作する

Word の重要な機能は Google ドキュメントでもサポートされています。

2.1
テキストを編集してスタイルを適用できます。
なし
2.2
ドキュメントの別の版やコピーを操作できます。

コピーを作成 - ドキュメントを複製できます。

形式を指定してダウンロード - ドキュメントを他の形式(Word や PDF など)でダウンロードできます。

版の履歴 - 自分自身や他のユーザーがドキュメントに行った変更内容を確認したり、以前の版に戻したりできます。

ウェブに公開 - ドキュメントのコピーをウェブページとして公開したり、ドキュメントをウェブサイトに埋め込んだりできます。

なし
2.3
さまざまな要素を追加して、充実したドキュメントを作成できます。

画像 - パソコン、ウェブ、ドライブなどから画像を挿入できます。

- 列と行の数を指定して表を作成できます。

図形描画 - 画像、フローチャート、図形などを作成できます。

リンク - ウェブページへのリンクや、ドキュメント内のヘッダーやブックマークへのリンクを追加できます。

ブックマーク - ドキュメント内の特定の場所へのショートカットを追加できます。

目次 - 各見出し(見出しスタイルを適用した部分)にリンクする目次を自動で生成できます。

なし
2.4
共有 をクリックしてドキュメントを共有し、共同編集者に与える権限を選ぶことができます。共同編集者はメール通知も受け取ります。
 

共有または共有解除

コンテンツの直接編集

編集内容を提案する

コメントの追加

 

編集者

共有または共有解除

check

コンテンツの直接編集

check

編集内容を提案する

check

コメントの追加

check

 

コメント可

共有または共有解除

remove

コンテンツの直接編集

remove

編集内容を提案する

check

コメントの追加

check

 

閲覧者

共有または共有解除

remove

コンテンツの直接編集

remove

編集内容を提案する

remove

コメントの追加

remove

2.5
チームのメンバーとリアルタイムで共同編集できます。
なし
3

ドキュメントをさらに活用する

3.1
オフラインでもドキュメントを操作できます。詳細
なし
3.2
あらゆる端末で Office ファイルを編集できます。Office をインストールする必要はありません。詳細
なし
3.3
コメントでユーザーにタグ付けすることで作業を依頼できます。詳細
なし
3.4
テンプレートを使用してドキュメントの一貫性を保つことができます。詳細
なし
3.5
データ探索を活用して、引用したい情報を見つけて追加することができます。詳細
なし
3.6
Word ドキュメントを読み込んで Google ドキュメントに変換できます。詳細
なし