ドライブでできること

Google ドライブを使えば、すべてのファイルをオンラインにアップロードして保存することができます。保存したファイルは別の端末(パソコン、スマートフォン、タブレット)からアクセスしたり、チームと共有したりすることができます。

必要なもの:

account_circle G Suite アカウント

schedule 10 分

別のクラウド ストレージ ソリューションから移行する場合

必要に応じて次のガイドもご覧ください。

Google ドライブでできること
1

アップロードと保存

ドライブには、画像、図面、動画など、あらゆるファイルを保存できます。ファイルを 1 つの端末からドライブに保存するだけで、自動的に他のすべての端末で使用できるようになります。ファイルをドライブに保存するには 3 つの方法があります。

このセクションの内容:

1.1

ウェブブラウザでドライブにファイルをアップロードする

ウェブの場合

ドライブにファイルを保存する方法の一つ目は、ファイルのコピーをウェブブラウザからアップロードすることです。

  1. Google ドライブにアクセスします。
  2. 新規 をクリックして [ファイルのアップロード] または [フォルダのアップロード] を選択します。次にアップロードするファイルまたはフォルダを選択します。
  3. [開く] をクリックします。
ファイルをアップロード

Chrome や Firefox® の最新バージョンを使用している場合は、パソコン上のファイルを直接ブラウザのドライブページにドラッグすることもできます。

既存のファイルと同じ名前のファイルをアップロードすると、既存ファイルの新しい版として追加されます。重複するファイルは作成されません。前の版を確認するには、版を管理します。

ファイルが正常にアップロードされると [アップロードが完了しました] と表示されます。アップロードしたファイルには、ブラウザやドライブがインストールされた端末からアクセスできます。

1.2

パソコンでファイルを保存する

パソコン

注: ドライブ ファイル ストリームではなくバックアップと同期 backup を使用している場合は、Google ドライブでファイルをバックアップして同期するをご覧ください。

パソコンからドライブのファイルを操作する場合は、ドライブ ファイル ストリームをインストールします。すべてのドライブ ファイルが表示され、オンデマンドでストリーミングできるため、パソコンのストレージ領域をすべて占有してしまうようなことはありません。

(後でドライブ ファイル ストリームをアンインストールしても、ドライブのファイルは影響を受けず、ウェブから引き続きアクセスすることができます)。

ドライブ ファイル ストリームは、G Suite 管理者が組織またはチームに対して有効にしている場合にのみご利用いただけます。

ドライブのインストール

ドライブ ファイル ストリームをインストールするには:

  1. パソコンで、ドライブ ヘルプセンターのインストール手順を行います。ドライブ ファイル ストリーム drive_file_stream は、Windows では右下、Mac では右上に表示されます。
  2. ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックします。
  3. Google ドライブを開くアイコン folder_mydrive をクリックして、ドライブのファイルとフォルダにアクセスします。

ドライブ ファイル ストリームをパソコンにインストールすると、Microsoft® Windows® Explorer ではドライブ、Apple® Mac® Finder® ではデバイスが作成されます。このドライブまたはデバイスの名前は Google ドライブです。ドライブのファイルはすべてここに表示されます。

ファイルをフォルダに移動するには:

  1. ドライブに保存するファイルを決定します。
  2. (省略可)フォルダを使用してファイルを整理します。ドライブでも同じファイル構成で表示されます。
  3. ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックします。
  4. Google ドライブを開くアイコン folder_mydrive をクリックします。
  5. ファイルとフォルダを 1 つのフォルダに移動します。これでドライブ フォルダにファイルが保存され、ドライブがインストールされている他の端末と同期されます。

インターネットの切断などで同期が中断された場合でも、後でオンラインになったときに続きの同期を再開します。

ファイルを移動する
1.3

スマートフォンやタブレットからファイルをアップロードする

モバイル端末

ドライブ アプリを使用して、Android や iOS 端末からファイルをドライブに保存することもできます。後でこのアプリをアンインストールしても、ドライブのファイルは影響を受けず、ウェブから引き続きアクセスすることができます。

  1. お使いの端末に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • Android スマートフォンまたはタブレット: Google Play アイコン Google Play ストアのアイコン をタップします。
    • iOS 端末: App Store アイコン App Store をタップします。
  2. Google ドライブ アプリを探してインストールします。
  3. アップロードするファイルを含むアプリを開き、[共有] をタップして [ドライブ] をタップします。
スマートフォンやタブレットからファイルをアップロードする
2

ファイルにアクセスする

ドライブを使えば、ウェブやあらゆる端末から、自動的に最新版に更新されたファイルを利用できるので、作業が簡単になります。

ドライブに保存したファイルには、どのパソコン、スマートフォン、タブレットからでもアクセスできます。ある端末でファイルに変更を加えたり、削除したりすると、同じ変更内容が自動的にすべての端末に反映されるので、手動で変更する必要はありません。

このセクションの内容:

2.1

同期の状態を確認する

ウェブの場合

ファイルが正常にアップロードされると [アップロードが完了しました] と表示されます。アップロードしたファイルには、ブラウザやドライブがインストールされた端末からアクセスできます。

パソコン

ファイルをドライブ ファイル ストリームのフォルダにドラッグすると、ウェブのドライブに自動的にアップロードされます。ファイルの同期にはしばらく時間がかかる場合があります。

autorenew が表示されているファイルはまだドライブに同期されていません。

done が表示されているファイルはアップロードが完了しており、ブラウザまたはドライブがインストールされている端末からアクセスできます。

同期の状態を確認する
2.2

端末からファイルにアクセスする

同期したファイルは、ブラウザや端末からアクセスできます。

ブラウザまたは端末

要件

アクセス方法

ブラウザまたは端末

web ウェブブラウザ(任意の端末)

要件

任意のウェブブラウザをインストールする。

アクセス方法

drive.google.com にアクセスする。

ブラウザまたは端末

desktop_windows パソコン

要件

ドライブ ヘルプセンターから、ドライブ ファイル ストリームをインストールする。

アクセス方法

ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックして Google ドライブを開くアイコン folder_mydrive をクリックする。

ブラウザまたは端末

smartphone モバイル端末

要件

Play ストア(Android)または App Store(iOS)からドライブ アプリをインストールする。

アクセス方法

端末でドライブ アプリを開く。

2.3

ファイルにオフラインでアクセスする

インターネット接続がない場所や、長時間のフライト中でも、ドライブでは作業を続けることができます。

オフライン アクセスを設定しておけば、インターネット アクセスがないときでもドライブのファイルを表示したり、編集したり、フォルダを整理したりすることができます。

重要: 他のユーザーにファイルが表示されないよう、オフライン アクセスは自分のみが使用するパソコンで設定してください。

ウェブの場合

Chrome ブラウザのみ

ウェブで Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルのオフライン アクセスを設定するには: 

  1. ドライブ で、設定アイコン settings > [設定] をクリックします。
  2. [オフライン] でオフライン編集チェックボックスをオンにします。
  3. 完了 をクリックします。

ヒント: モバイル端末でオフライン アクセスを設定するには、保存したドライブ ファイルにインターネット接続なしでアクセスするをご覧ください。

ファイルにオフラインでアクセスする

パソコン

パソコンで PDF、Microsoft® Office® ファイルなどのオフライン アクセスを設定するには:

  1. ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックします。
  2. Google ドライブを開くアイコン folder_mydrive をクリックします。
  3. オフラインでアクセスするファイルまたはフォルダを右クリックします。
  4. [ドライブ ファイル ストリーム] > [オフラインで利用可能] をクリックします。
3.1

保存したファイルのプレビューとダウンロード

ウェブの場合

ドライブ ファイルの概要を確認するには、ファイルを右クリックして [プレビュー] を選択します。

プレビュー ウィンドウでは次のことができます。

  • ファイルをスクロールする。
  • 左矢印アイコン arrow_back_ios または右矢印アイコン arrow_forward_ios をクリックして、ドライブ内の前後のファイルのプレビューを表示する。
  • [すべてのアイテムを表示] をクリックして、ドライブ内の他のファイルを選択してプレビューする。
  • ファイルを他のユーザーと共有する。
  • ファイルを印刷する。
  • ファイルを開いて編集する。
  • ダウンロード アイコン file_download をクリックしてファイルをダウンロードする。
  • 閉じるアイコン close をクリックしてプレビューを終了する。
  • マイドライブに追加アイコン add_to_drive をクリックしてファイルをマイドライブに追加する。
  • その他アイコン more_vert をクリックして、ファイルの名前を変更したり、マイドライブ内の場合にファイルを別のフォルダに移動する。

ファイルを保存して後でアクセスする場合は、次の方法のいずれかを使用してダウンロードします。

  1. プレビュー画面からダウンロード アイコン file_download をクリックします。
  2. ドライブからファイルを選択し、その他アイコン more_vert をクリックしてダウンロード アイコン file_download を選択します。
保存したファイルのプレビューとダウンロード
3.2

ファイルを開く

ウェブの場合

ドライブ で、開きたいファイルをダブルクリックします。

パソコン

  1. ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックします。
  2. Google ドライブを開くアイコン folder_mydrive をクリックします。
  3. 開きたいファイルをダブルクリックします。
    • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームで作成したファイルはブラウザで開きます。
    • その他のファイルは、パソコンの通常のアプリケーションで開きます。
パソコンからファイルを開く
3.3

ドライブのファイルの更新

ウェブの場合

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドで作成されていないファイルの旧版を復元するには:

  1. ファイルを右クリックして [版を管理] を選択します。
  2. [新版をアップロード] をクリックし、パソコンからファイルを選択します。
  3. 新版のアップロードが完了したら、[閉じる] をクリックします。
ドライブのファイルの更新

パソコン

ファイルを更新するには、パソコンのドライブ ファイル ストリーム drive_file_stream から直接開きます。ファイルを変更すると、ウェブのドライブと自動的に同期されます。

逆の場合も同様です。ウェブのドライブで変更を加えると、パソコンにも同期されます。これでファイルとフォルダはすべての場所で最新の状態になります。

3.4

ファイルの削除

ある端末のドライブでファイルを削除すると、そのファイルはすべての端末とウェブのドライブから自動的に削除されます。

注: 自分が所有するファイルを削除した場合、そのファイルはドライブのゴミ箱に移動されます。ウェブ上でドライブのゴミ箱にあるファイルを完全に削除するまではドライブの合計容量を消費します。

ウェブの場合

削除するファイルまたはフォルダを選択して、削除アイコン delete をクリックします。

ファイルを完全に削除する: ゴミ箱のファイルを完全に削除するには、ファイルを選択して [完全に削除] をクリックします。ゴミ箱のファイルをすべて完全に削除するには、ゴミ箱 をクリックして [ゴミ箱を空にする] を選択します。

ファイルの削除

パソコン

パソコンのファイルを削除するときと同様に、削除するファイルやフォルダを選択して削除します。

3.5

削除したファイルの復元

ファイルやフォルダを削除しても、必要に応じてファイルをドライブに復元できます。ファイルを削除した場所がウェブのドライブでもパソコンのドライブ ファイル ストリームでも、復元方法は同じです。

ウェブの場合

ドライブを開き、ゴミ箱アイコン delete をクリックします。復元するファイルを選択して [復元] をクリックします。

削除したファイルの復元
4

整理と検索

これですべてのファイルがドライブに保存されました。次にファイルを整理する方法をいくつかご紹介します。

このセクションの内容:

4.1

フォルダを作成する

パソコン上のドライブ ファイル ストリームやウェブのドライブに作成した新規フォルダは、端末に自動的に表示されるので、どの端末からでも同じ構成を利用できます。

フォルダを作成する

ウェブの場合

ドライブ で [新規] > [フォルダ] をクリックします。

パソコン

ドライブ ファイル ストリームを使用して、パソコン上で新しいフォルダを作成するのと同様に Google ドライブ(マイドライブまたはチームドライブ)内に新しいフォルダを作成します。

4.2

ファイルをフォルダに移動する

ドライブのファイルをフォルダに移動して整理します。

ウェブの場合

マイドライブ内でファイルを移動するには:

  1. ファイルを選択します。
  2. その他アイコン more_vert > 移動アイコン drive_file_move をクリックします。
  3. フォルダを選択して ここに移動 をクリックします。

左側にある [マイドライブ] にファイルやフォルダをドラッグすることもできます。

[検索結果]、[最近使用したアイテム]、[スター付き]、[共有アイテム] のビューでファイルを整理するには:

注: [共有アイテム] にファイルを移動する場合、ファイルはコピーされます。

  1. ファイルを選択し、そのファイルの場所がマイドライブでない場合は、マイドライブに追加アイコン add_to_drive をクリックします。
  2. 移動アイコン drive_file_move をクリックし、フォルダを選択して [ここに移動] をクリックします。
ファイルをフォルダに移動する

パソコン

移動するファイルを選択して Google ドライブのフォルダにドラッグします。これはパソコン上の他のファイルを移動する方法と同じです。

4.3

重要なファイルやフォルダにスターを付ける

ウェブの場合

重要なファイルやフォルダにスターを付けて、後で見つけやすいようにします。ファイルまたはフォルダを右クリックして、[スターを付ける] を選択します。

スターが付いたファイルやフォルダをすべて表示するには、左のサイドバーで [スター付き] をクリックします。

重要なファイルやフォルダにスターを付ける
4.4

ファイルやフォルダを検索、並べ替えする

ウェブの場合

数百ものファイルリストからひとつのファイルを見つけるのは大変な作業です。代わりにドライブで検索してみましょう。

ドライブの検索ボックスに単語または語句を入力します。すばやく検索できるよう、入力を開始すると検索キーワードの候補が表示されます。いずれかの候補をクリックして開くか、検索アイコン search をクリックして結果リストを表示します。

  • 検索オプション: 検索ボックスで下矢印アイコン arrow_drop_down をクリックすると、検索オプションが表示されます。オプション(複数の組み合わせも可)を選択して、結果を絞り込みます。
  • 並べ替えオプション: 並べ替えオプション アイコン sort_by_alpha をクリックして、以下の方法でファイルを並べ替えます。
  • 最終更新: 最近変更された項目が表示されます(自分以外のユーザーによる変更も含まれます)。この並べ替えは、共同編集者が最近変更したファイルを把握したいときに便利です。
  • 最終更新(自分): 自分が最近変更したファイルやフォルダが表示されます。
  • 自分の最終閲覧: 自分が最近開いたファイルが表示されます。編集していないファイルも含まれます。この並べ替えは、ブラウザで誤ってタブを閉じてしまった場合や、ブックマークを設定していなかった場合などに、最近閲覧したファイルに戻るのに最適です。
  • 名前: ファイルが名前順に表示されます。
ファイルやフォルダを検索、並べ替えする
5

共有と共同編集

ドライブのファイルやフォルダを共有すると、同僚や社外のユーザーとドキュメントを共同編集できます。

このセクションの内容:

5.1

ファイルの共有およびアクセスレベルの設定と公開設定

ウェブの場合

オーナー権限または編集権限のあるファイルを共有するには:

  1. 共有するファイルまたはフォルダを選択します。
  2. 共有アイコン person_add をクリックします。
  3. [他のユーザーと共有] ボックスで、次の手順を行います。
    1. 共有する相手のメールアドレスまたは Google グループを入力します。
    2. 付与するアクセス権の種類を選択します。
      • 編集者: コンテンツを追加、編集したり、コメントを追加したりできます。
      • コメント可: コメントを追加することはでき ますが、コンテンツを編集することはできません。
      • 閲覧者 - ファイルを閲覧することはできますが、コンテンツを編集したり、コメントを追加したりすることはできません。
    3. 他のユーザーへのファイルの表示方法を管理する(完全に非公開にする、誰でもウェブで閲覧できるようにするなど)には、[詳細設定] > [変更] をクリックして設定を選択します。使用できる設定は、組織の管理者の設定により異なります。
  4. 完了 をクリックします。

ドキュメントを共有したすべてのユーザーに、メール通知が送信されます。ファイルを共有したら、そのファイルを選択し、共有可能なリンクを取得アイコン link をクリックするとリンクを取得できます。

オーナー権限を持つファイルまたはフォルダの共有を停止するには:

  1. ドライブで、共有ファイルまたはフォルダを選択します。
  2. 共有アイコン person_add をクリックします。
  3. [詳細設定] をクリックします。
  4. ファイルまたはフォルダの共有を停止するユーザーの横にある削除アイコン close をクリックします。
  5. 変更を保存 をクリックします。
ファイルの共有およびアクセスレベルの設定と公開設定
5.2

ドライブのアクティビティを表示する

ウェブの場合

ドライブで作成したアイテムやアップロードしたアイテムに対して、以下の変更を追跡できます。

  • アップロード、移動、削除
  • 共有と共有解除
  • 名前の変更、編集、コメント
  • 変更者
  • 変更の影響を受けるユーザー

マイドライブのすべての履歴を表示するには、詳細を表示アイコン info をクリックします。

特定のファイルまたはフォルダの履歴を表示するには、ファイルまたはフォルダを選択して、詳細を表示アイコン info をクリックします。

ドライブのアクティビティを表示する
5.3

ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームで共同編集する

ウェブの場合

ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームでは、同じドキュメントをリアルタイムで共同編集できます。どのファイルでもコメント機能を使ってやり取りできるので、メールで何度もやり取りする手間や時間を省くことができます。

新規 をクリックして、下記のファイル形式から選択します。作成したファイルをチームに共有すれば、一緒にドラフトを作成したり、重要事項を共同編集したりできます。

Google ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライド、Google フォームで共同編集する

エディタ

説明

使用例

エディタ

docs Google ドキュメント

説明

テキスト文書

使用例

提案書、報告書、議事録

エディタ

sheets Google スプレッドシート

説明

スプレッドシート

使用例

プロジェクト計画書、予算表

エディタ

slides Google スライド

説明

プレゼンテーション

使用例

販促用スライド、トレーニング資料、チーム プレゼンテーション

エディタ

forms Google フォーム

説明

アンケート

使用例

顧客満足度調査、グループ アンケート

エディタ

drawings Google 図形描画

説明

図形、グラフ、図

使用例

フローチャート、組織図、ウェブサイトのワイヤフレーム、マインドマップ

エディタ

sites Google サイト

説明

ウェブサイト

使用例

チームサイト、プロジェクト サイト、レジュメサイト

次のステップ

今すぐ試す

トレーニングを続ける

オフライン時のチームドライブのファイルへのアクセス方法や、キーボード ショートカットの使い方などを紹介します。