スプレッドシートでできること

タスクリストの処理、プロジェクト計画の作成、グラフやフィルタによるデータの分析など、さまざまな作業を行うことができます。

Google スプレッドシートを使用すれば、スプレッドシートの作成や編集をウェブブラウザで直接行うことができます。特別なソフトウェアは必要ありません。複数のユーザーが同時に作業したり、他のユーザーの変更内容をリアルタイムで見たりすることができます。また、変更はすべて自動的に保存されます。

必要なもの:

account_circle G Suite アカウント

schedule 10 分

Google スプレッドシート
1

作成または読み込み

作業を開始するには、新しいスプレッドシートか既存のスプレッドシートが必要です。

このセクションの内容:

1.1

新しいスプレッドシートを作成する

Google スプレッドシートのトップページから: 新しいスプレッドシートの作成アイコン をクリックします。

Google ドライブから: [新規] > [Google スプレッドシート] > [空白のスプレッドシート] または [テンプレートから] をクリックします。

新しいスプレッドシートを作成する
1.2

既存のスプレッドシートを読み込んで Google スプレッドシートに変換する

別のプログラムで作成した既存のスプレッドシートを読み込んで Google スプレッドシートに変換できます。

  1. Google ドライブにアクセスします。
  2. [新規] > [ファイルのアップロード] をクリックします。
  3. パソコンで、ドライブに追加する既存のスプレッドシートを選択します。読み込めるファイル形式は、.xls、.xlsx、.xlt、.ods、.csv、.tsv、.txt、.tab などです。
  4. ドライブで、変換するスプレッドシートを右クリックします。
  5. [アプリで開く] を選択し、[Google スプレッドシート] を選択します。

別のプログラムで作成したスプレッドシートを変換すると、元のファイルのコピーが Google スプレッドシート形式で作成されます。変換後のファイルは、他の Google スプレッドシートと同様にブラウザで編集できます。

Excel スプレッドシートの場合

すでに Google ドライブに Microsoft® Excel® スプレッドシートを保存している場合は、Google スプレッドシートに変換せずそのまま更新することもできます。

既存のスプレッドシートを読み込んで変換する
2

コンテンツの追加

スプレッドシートを開いたら、作業を開始できます。Google スプレッドシートでは、変更はすべて自動的に保存されます。

このセクションの内容:

2.1

データを入力、編集する


  1. スプレッドシートの名前を変更する: [無題のスプレッドシート] をクリックして新しい名前を入力します。
  2. テキストやデータを入力する: セルをクリックすれば入力を開始できます。
  3. その他のアイテムを挿入する: [挿入] をクリックしてメモ、関数、グラフ、画像、図形描画などを追加します。

注: 使用できる関数を確認するには、Google スプレッドシートの関数リストをご覧ください。

データの入力と編集
2.2

書式とフォントをカスタマイズする

スプレッドシートで、カスタマイズするセルを選択し、メニューとツールバーを使用してセルの書式を変更します。

undo redo

直前に行った変更を元に戻したり、やり直したりすることができます。

format_paint

任意のテキストから書式をコピーし、別の部分に適用します。

データの表示形式を、通貨、パーセント、日付、時刻、書式なしテキストなどに設定します。

Arial10

フォントとフォントサイズを変更します。

format_bold format_italic format_underlined format_color_text

太字、斜体、下線、フォントカラーなどのフォント スタイルを追加します。

セルの枠線を追加または編集します。

セルを結合します。

format_align_left format_align_center format_align_right

テキストの配置を選びます。

insert_link add_comment insert_chart_outlined

リンク、コメント、グラフを挿入します。

データをフィルタ処理します。

functions

関数を追加します。

2.3

行、列、セルを操作する

  1. 行、列、セルを追加する - セルまたはセルのブロックを選択してからメニューバーの [挿入] をクリックし、どの場所に行、列、またはセルを追加するかを選択します。

  2. 行や列を削除または非表示にする - 行の数字または列の文字を右クリックし、[削除] または [非表示] を選択します。
  3. セルまたはセルのブロックを削除する - 削除するセルを選択し、[編集] > [セルを削除して既存のセルを上に移動] をクリックするか、[編集] > [セルを削除して既存のセルを左に移動] をクリックします。
  4. 行や列を移動する - 行の数字または列の文字をクリックして選択し、行または列を新しい場所にドラッグします。
  5. 先頭の行や列を固定する - スプレッドシートをスクロールしても、一部のデータが同じ場所に固定表示されるようになります。メニューバーで [表示] > [固定] をクリックし、固定する位置を選択します。
行と列の移動
2.4

複数のシートを処理する

シートを追加する: スプレッドシートの下部にあるシートを追加アイコン add をクリックして別のシートを追加します。

シートを削除またはコピーする: シートを開きます。スプレッドシートの下部にあるシートのタブで、下矢印アイコン add をクリックし、[削除] または [コピーを作成] を選択します。

複数のシート
3

共有と共同編集

チームのメンバーや社外のユーザーとスプレッドシートを共有できます。変更は同時に行うことができ、他のユーザーが行っている変更をリアルタイムで見ることができます。G Suite を利用していない相手ともファイルを共有できます。

このセクションの内容:

3.1

スプレッドシートを共有する

オーナー権限または編集権限のあるファイルを共有するには:

  1. 共有するファイルを開きます。
  2. 共有 をクリックします。
  3. 共有する相手のメールアドレスまたは Google グループを入力します。
  4. 注: 社外のユーザーを追加できない場合は、G Suite 管理者にお問い合わせください。

  5. 共有相手に与えるアクセス権の種類を選びます。
  • 編集者 - コンテンツを追加、編集したり、コメントを追加したりできます。
  • コメント可 - コメントを追加することはできますが、コンテンツを編集することはできません。
  • 閲覧者 - ファイルを閲覧することはできますが、コンテンツを編集したり、コメントを追加したりすることはできません。
  • 送信 をクリックします。
  • 共有相手全員にスプレッドシートへのリンクを含むメールが送信されます。

チームで共有する
3.2

コメントや返信を追加する

チームメンバーがリアルタイムで共同編集できない場合は、他のメンバーが後で確認できるようにフィードバックや質問を残すことができます。

  1. セルを選択します。
  2. ツールバーのコメントを追加アイコン をクリックします。
  3. メモを追加し、コメント をクリックします。

特定の共同編集者向けの重要なコメントの場合は、「add」と入力し、続けて相手のアドレスを入力します。コメントと併せてスプレッドシートへのリンクを含むメールが、その共同編集者に送信されます。メールを受け取った共同編集者は、コメントに返信することで、質問に答えたり、ディスカッションしたりすることができます。

コメントの内容が解決したら、解決 をクリックします。

コメントや返信を追加する
4

印刷とダウンロード

スプレッドシートのプリントアウト、他の形式、コピーが必要な場合も、Google スプレッドシートですべて用意できます。

このセクションの内容:

4.1

スプレッドシートを印刷する

スプレッドシートを印刷するには、[ファイル] > [印刷] をクリックするか、印刷アイコン print をクリックします。

印刷するスプレッドシート、追加するオプション、希望するレイアウトを選ぶことができます。

スプレッドシートを印刷する
4.2

他の形式のバージョンをダウンロードする

他のプログラムで開くことができるようにスプレッドシートをダウンロードするには、[ファイル] > [形式を指定してダウンロード] をクリックし、次のいずれかの形式を選択します。

  • Microsoft Excel(.xlsx)
  • OpenDocument 形式(.odt)
  • Adobe® PDF ドキュメント(.pdf)
  • カンマ区切りの値(.csv)
  • タブ区切り形式(.tsv)
  • ウェブページ(.zip)
他の形式のバージョンをダウンロードする
4.3

Google スプレッドシート内でコピーを作成する

スプレッドシートをコピーすると、テンプレートを作成するのに役立ちます。たとえば、プロジェクト計画書を数多く作成するような場合は、まず 1 つの計画書をコピーしておきます。新しいプロジェクトごとにその資料を更新すれば、書式を再設定する必要はなくなります。

スプレッドシートのコピーを作成するには、[ファイル] > [コピーを作成] をクリックします。このコピーの名前を変更してドライブ内の保存場所を変更し、必要に応じて同じ共同編集者と共有します。

Google スプレッドシートでコピーを作成する
4.4

コピーをメールに添付する

以前のプログラムや他の形式(PDF や Excel)を使用しているユーザーとスプレッドシートを共同編集する必要がある場合は、メールの添付ファイルとして送信できます。

  1. [ファイル] > [メールに添付して送信] をクリックします。
  2. 添付する形式を選びます。
  3. コピーの送信先のメールアドレスまたは Google グループを入力します。
  4. (省略可)メッセージを入力します。
  5. 送信 をクリックします。

注: この操作では、コピーを送信するだけで元のスプレッドシートは共有されないので、スプレッドシートの共同編集ツールを使用することはできません。

なし

次のステップ

今すぐ試す

プロジェクト計画書テンプレートのコピーを作成して、Google スプレッドシートで開いてみてください。

トレーニングを続ける

Microsoft® Office® をインストールすることなく Excel で作成したスプレッドシートを編集したり、生産的なプロジェクト計画書やスケジュールを作成したり、共同編集者の行った変更が通知されるように設定したりできます。