1

主な相違点

これまで職場以外で一般向けの Microsoft® PowerPoint®(Microsoft® Office® 2013 など)を使用していた方は、Google スライドをぜひお試しください。Google スライドにはテンプレートやスピーカー ノートなどの同様の機能のほか、さまざまな独自の機能が用意されています。

Google スライドを入手: desktop_windows slides.google.com smartphone Android アプリ | iOS アプリ

1.1

機能

powerpoint PowerPoint の場合
(対象: Office 2013)

slides スライドの場合

機能

リアルタイムでの共同編集

powerpoint PowerPoint の場合
(対象: Office 2013)

  • 共同編集者を追加する*
  • 変更中の内容が表示される*
  • コメントを追加したりコメントに返信したりする*
  • プレゼンテーション内でリアルタイムにチャットする*

*PowerPoint Online のみ(Microsoft アカウントが必要です)

slides スライドの場合

  • 共同編集者を追加する
  • 変更中の内容が表示される
  • コメントを追加したりコメントに返信したりする
  • プレゼンテーション内でリアルタイムにチャットする

機能

プレゼンテーションの共有

powerpoint PowerPoint の場合
(対象: Office 2013)

  • コピーをメールに添付する
  • メールまたはチャット ウィンドウでリンクを共有する*
  • ウェブ上で一般公開する*

*PowerPoint Online のみ(Microsoft アカウントが必要です)

slides スライドの場合

  • コピーをメールに添付する
  • メールまたはチャット ウィンドウでリンクを共有する
  • ウェブ上で一般公開する
  • スライド内で直接共有する
  • スライド ファイルをメールに挿入する
  • Google サイトに埋め込む

機能

共有アクセスの設定

powerpoint PowerPoint の場合
(対象: Office 2013)

2 個のアクセスレベル*

  • 閲覧のみ
  • 編集権限

*PowerPoint Online のみ(Microsoft アカウントが必要です)

slides スライドの場合

4 個のアクセスレベル

  • 閲覧のみ
  • 編集権限
  • コメントのみ
  • オーナー(オーナー権限の譲渡

機能

共有の公開設定の制御

powerpoint PowerPoint の場合
(対象: Office 2013)

3 種類の公開設定の制御*

  • 特定のユーザー
  • リンクを知っている全員
  • ウェブ上で一般公開(ウェブで検索可能

*PowerPoint Online のみ(Microsoft アカウントが必要です)

slides スライドの場合

6 種類の公開設定の制御

  • 特定のユーザーまたは Google グループ
  • リンクを知っている全員
  • ドメイン内のリンクを知っている全員(ドライブ内で検索不可
  • ドメイン内のすべてのユーザー(ドライブ内で検索可能
  • ウェブ上で一般公開(ウェブで検索可能
  • 共有の有効期限の設定

機能

版の管理

powerpoint PowerPoint の場合
(対象: Office 2013)

  • プレゼンテーションの詳細な版にアクセスする
  • 前の版を復元する
  • 変更を加えたユーザー名と変更内容を表示する*

*PowerPoint Online のみ(Microsoft アカウントが必要です)

slides スライドの場合

  • プレゼンテーションの詳細な版にアクセスする
  • 前の版を復元する
  • 変更を加えたユーザー名と変更内容を表示する

機能

PowerPoint ファイルの操作

powerpoint PowerPoint の場合
(対象: Office 2013)

PowerPoint でプレゼンテーションを開く

slides スライドの場合

PowerPoint ファイルの 3 種類の操作方法

  • ドライブで PowerPoint ファイルを Google スライドに変換する
  • ドライブで PowerPoint ファイルを直接開き(Office のインストールは不要)、ドライブに保存する
  • Office で PowerPoint ファイルを開いてドライブに保存する
2

スライドを操作する

PowerPoint の重要な機能が Google スライドにも用意されています。

2.1
スライドのコンテンツを追加、編集します。
スライドを操作する
2.2
スライドを追加、整理できます。
  1. 新しいスライド - ツールバーにある新しいスライド アイコン add をクリックします。下矢印アイコン arrow_drop_down をクリックして、新しいスライドのレイアウトを選択します。
  2. スライドを移動 - プレゼンテーション内の別の場所にスライドをドラッグできます。複数のスライドを一度に移動するには、Ctrl キーを押しながらクリックして複数のスライドを選択してからドラッグします。
  3. スライドを削除 - スライドを右クリックして [削除] を選択します。
  4. スライドのコピーを作成 - サイドバーにあるスライドを右クリックし、[スライドのコピーを作成] を選択します。
スライドを使う
2.3
プレゼンテーションのコピーや別の版を利用できます。

スライドをインポート - 作成中のプレゼンテーションに、別のプレゼンテーションからスライドを追加できます。

コピーを作成 - プレゼンテーションを複製できます。テンプレートの作成に便利です。

形式を指定してダウンロード - プレゼンテーションを別の形式(PowerPoint® や PDF など)でダウンロードできます。

メールに添付して送信 - プレゼンテーションのコピーをメールで送信できます。

版の履歴 - 自分自身や他のユーザーがプレゼンテーションに行った変更内容を確認したり、以前の版に戻したりできます。

ウェブに公開 - プレゼンテーションのコピーをウェブページとして公開したり、プレゼンテーションをウェブサイトに埋め込んだりできます。

なし
2.4
共有 をクリックしてプレゼンテーションを共有し、共同編集者に与える権限を選ぶことができます。共同編集者はメール通知も受け取ります。
 

共有または共有解除

コンテンツの直接編集

コメントの追加

 

編集者

共有または共有解除

check

コンテンツの直接編集

check

コメントの追加

check

 

コメント可

共有または共有解除

remove

コンテンツの直接編集

remove

コメントの追加

check

 

閲覧者

共有または共有解除

remove

コンテンツの直接編集

remove

コメントの追加

remove

3

スライドをさらに活用する

3.1
オフラインでもプレゼンテーションを操作できます。詳細
なし
3.2
あらゆる端末で Office ファイルを編集できます。Office をインストールする必要はありません。詳細
なし
3.3
コメントでユーザーにタグ付けすることで作業を依頼できます。詳細
なし
3.4
フローチャートや図を追加することで、難解な概念をわかりやすく示せます。詳細
なし
3.5
他のプレゼンテーションから好みのテーマやスタイルをコピーできます。詳細
なし
3.6
データ探索ツールの Google 検索機能を活用して、コンテンツのアイデアを得ることができます。詳細
なし