サービスの概要

別段の記載がない限り、以下のサービスは G Suite 契約、または Google が対象サービスの提供について同意する内容の、その他の契約の対象となります。以下の特定のサービスまたはエディションには、サービス固有の利用規約(https://gsuite.google.com/terms/service-terms/)が適用される場合があります。

G Suite サービス:

G Suite のコアサービス(以下「コアサービス」)

  • Cloud Identity 管理」は、https://cloud.google.com/terms/identity/user-features.html または Google が提供する同様の URL で説明されているサービスです。
  • Gmail」は、組織が Google のシステムを使用して独自のメールシステムを運用できるウェブベースのメールサービスです。サポート対象のウェブブラウザを使用して、エンドユーザーの受信トレイへのアクセス、メールの閲覧、作成、返信、転送、検索、ラベルによるメール管理を行うことができます。迷惑メールとウィルスのフィルタリング機能を備えており、管理者は、特定の内容または添付ファイルを含むメールの処理ルールや、別のメールサーバーへの転送ルールを設定できます。ルールは、グループ単位またはお客様単位(すべてのドメイン)で設定できます。
  • Google+」は、エンドユーザーがリンク、動画、写真、コレクション、その他のコンテンツを同じ G Suite ドメイン内のユーザーと共有したり、同じドメイン内のユーザーから共有されたコンテンツを表示してやりとりをしたりできる、ウェブベースのサービスです。コミュニティを作成して参加することによって、同じドメイン内で共通の関心を持つユーザー同士がやりとりすることも可能です(同じ G Suite ドメインに属さない外部ユーザーとのやりとりまたはコンテンツの共有に Google+ を使用する場合、この使用はコアサービスの範囲外となります*)。
  • Google カレンダー」は、個々のユーザー、会社または組織、ならびにチームのカレンダーを管理するためのウェブベースのサービスです。エンドユーザーはカレンダーの表示や、他のエンドユーザーと行う会議のスケジュール設定、他のエンドユーザーの空き情報の確認、会議室とリソースの予約を行えます。
  • Google Cloud Search」は、エンドユーザーが G Suite の一部のコアサービスでコンテンツの検索を行ったり、アシスト機能を使用したりできるウェブベースのサービスです。Google Cloud Search では、エンドユーザーはアクションにつながる有用なデータや提案型の情報も得られます。
  • Google コンタクト」は、エンドユーザーが連絡先情報をインポート、保存、表示したり、自分専用の連絡先グループを作成して多数の人にメールを一斉送信したりできるウェブベースのサービスです。
  • Google ドキュメント」、「Google スプレッドシート」、「Google スライド」、「Google フォーム」は、エンドユーザーがドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、フォームの作成、編集、共有、共同編集、描画、エクスポート、コンテンツの埋め込みを行えるウェブベースのサービスです。
  • Google ドライブ」は、エンドユーザーがファイルを保存、転送、共有したり、動画を視聴したりするためのウェブベースのツールです。
  • ビジネス向け Google グループ」は、エンドユーザーとウェブサイトのオーナーが共同編集グループを作成、管理できるウェブベースのサービスです。エンドユーザーはグループのメンバーとメールでディスカッションを行ったり、ドキュメント、カレンダー、サイト、フォルダを共有したりできます。また、グループ ディスカッション アーカイブを閲覧、検索することも可能です。なお、ビジネス向け Google グループは G Suite(無償版)では利用できません。
  • Google ハングアウト」、「Hangouts Chat」、「Hangouts Meet」、「Google トーク」は、エンドユーザー間でリアルタイムのコミュニケーションができるウェブベースのサービスです。Google ハングアウトでは、1 対 1 またはグループでチャット、音声通話、シンプルなビデオ通話を行うことができます。Hangouts Chat は、機能が強化されたチャット メッセージとグループ コラボレーションのプラットフォームであり、コンテンツを一部のサードパーティ製サービスと連携させることができます。Hangouts Meet では、大人数が参加する高品質のビデオ会議を開催できます。G Suite Enterprise をご利用の場合は、会議を録画したり、Hangouts Meet にダイヤルインで参加したりすることもできます(通話料金がかかる場合があります)。Hangouts Meet の録画の使用は、G Suite Enterprise ライセンスを持つドメイン内のすべてのユーザーの平均で、ユーザーあたり 80 時間までに制限されています。G Suite ドメイン管理者は、ドメインで有効にするサービスを選ぶことができます。ただし、Google トークはご利用に別途契約が必要であるため、有効にすることはできません。Google ハングアウトおよび Hangouts Meet の通話機能は Google Dialer Inc. によって提供されています。なお、緊急通報には対応していません。
  • Google Jamboard」は、エンドユーザーがコンテンツの作成、編集、共有、共同編集、描画、エクスポート、ドキュメント内へのコンテンツの埋め込みを行えるウェブベースのサービスです。
  • Google Keep」は、エンドユーザーがメモ、リスト、図形描画の作成、編集、共有、共同編集を行えるウェブベースのサービスです。
  • Google サイト」は、エンドユーザーが G Suite Basic のドメインでウェブサイトを作成して社内で公開したり、外部向けに一般公開したりできるサービスです。エンドユーザーはウェブベースのツールでサイトを作成し、他のエンドユーザーのグループと共有したり、会社全体や世界中に公開したりできます(管理者によって許可されている場合)。サイトのオーナーは、サイトの編集と閲覧が許可されるユーザーを指定できます。
  • Google ToDo リスト」は、エンドユーザーがタスクを作成、編集、管理できるウェブベースのサービスです。
  • Google Vault」は、Google ドライブと Gmail での検索とエクスポートを可能にするウェブベースのサービスです。Gmail では、ドメイン全体を検索したり、データをアーカイブしたり、コンテンツに基づく保持ルールや破棄ルールを作成したりできます。さらに、電子情報開示機能も備えているため、案件を作成し、訴訟のための記録保持(リティゲーションホールド)を目的にそのデータを保持できます。アーカイブしたデータを Google のシステムで保持するためには、Google Vault を購入して使用を継続する必要があります。ユーザー アカウントで Gmail が有効になっている場合は、Google トークの記録済みチャットおよび Google ハングアウトの記録済みチャット履歴を検索、エクスポート、保持、保存できます。
  • Google Voice」は、管理者が管理する IP ベースの電話通信サービスです。お客様は、組織内のエンドユーザーに電話番号を割り当てて、管理することができます。エンドユーザーは、割り当てられた番号を使用して電話をかけたり受けたりすることが可能です。また、通話の発着信に関連して、双方向の発信方式を使用して緊急通報番号に発信するなどの追加機能も利用できます。Google Voice は、Google Voice サービス固有の利用規約に記載されているとおり、Google 関連会社によって提供されます。Google Voice の使用にあたっては追加料金が適用されます。
  • 検索とインテリジェンスの機能は、すべてのサービスを対象とする高度な検索とデータ取得を提供する機能です。サービス横断型のコンテンツ検索と、アクティブなサービスで使用するためのコンテンツの自動分類が可能です。*注: Google Voice は ISO 27017 認証および ISO 27018 認証の審査はまだ受けていませんが、次回監査時の本サービスの認証プロセスに組み込まれる予定です。

G Suite のその他のサービス(以下「その他のサービス」)

  • Google クラウド プリント」は、エンドユーザーがクラウドに接続されたプリンタへの出力を行えるウェブベースのサービスです。Google クラウド プリントは監査対象サービスではありません。

G Suite のエディションと SKU:

G Suite Basic(旧称: Google Apps for Work、Google Apps for Business、Google Apps Premier Edition、Google Apps for Government、Google Apps(無償版)、Google Apps Standard Edition)

  • G Suite Basic」は、G Suite サービスから成る G Suite のエディションのひとつですが、追加料金が適用される Google Vault、Google Voice、および Google Cloud Search は含まれません。

G Suite Business(旧称: Google Apps for Work Unlimited)

  • G Suite Business」は、Google Voice を除くすべての G Suite サービスから成る G Suite のエディションのひとつで、一部のサービスではお客様データ内のプライマリ データにデータ リージョン ポリシー設定を適用できます。エンドユーザーが 5 人以上の場合は、Google ドライブの保存容量を無制限で利用できます。エンドユーザーが 4 人以下の場合は、エンドユーザーあたり 1 TB の Google ドライブの保存容量を利用できます。

G Suite Business(チーム管理用)(旧称: Google Apps for Work Unlimited(チーム管理用))

  • G Suite(チーム管理用)」は、Google ドライブ、Google ハングアウト、Google コンタクト、Google+ から成る G Suite のエディションのひとつで、G Suite チーム管理用契約(旧称: Google Apps for Work チーム管理用契約)に基づいて提供されます。その他の G Suite コアサービスは、チーム管理用アカウントでは利用できません。エンドユーザーが 5 人以上の場合は、Google ドライブの保存容量を無制限で利用できます。エンドユーザーが 4 人以下の場合は、エンドユーザーあたり 1 TB の Google ドライブの保存容量を利用できます。

G Suite Enterprise

  • G Suite Enterprise」は、Google Voice を除くすべての G Suite サービスから成る G Suite のエディションのひとつです。G Suite Enterprise には、Gmail と Google ドライブのデータ損失防止(DLP)機能や、データ リージョン ポリシー設定(一部のサービスでお客様データ内のプライマリ データに適用可能)、サードパーティのデータソース内のコンテンツで利用できる追加の検索機能およびアシストカード機能、管理者向けの高度なセキュリティ機能と管理機能も含まれています。G Suite Enterprise では、他の Google サービス、特定のサードパーティのアーカイブ ツール、サードパーティの OAuth アプリケーションと Gmail との高度な連携も可能です。エンドユーザーが 5 人以上の場合は、Google ドライブの保存容量を無制限で利用できます。エンドユーザーが 4 人以下の場合は、エンドユーザーあたり 1 TB の Google ドライブの保存容量を利用できます。

G Suite for Education(旧称: Google Apps for Education)

  • G Suite for Education」は、Google+、Google Voice、Google Cloud Search を除く G Suite サービスから成る G Suite の無償版エディションのひとつです。エンドユーザーが 5 人以上の場合は、Google ドライブの保存容量を無制限で利用できます。エンドユーザーが 4 人以下の場合は、エンドユーザーあたり 1 TB の Google ドライブの保存容量を利用できます。このエディションの G Suite コアサービスには Classroom と Chrome 同期も含まれます。
    • Classroom」は、エンドユーザーがクラスのグループを作成したり、それらに参加したりできるウェブベースのサービスです。生徒は Classroom を使って課題の確認や宿題の提出を行ったり、教師から成績を受け取ったりできます。
    • Chrome 同期」は、エンドユーザーが Chrome にログイン中のすべてのデバイス間でブックマーク、履歴、パスワード、その他の設定を同期できる機能です。
  • G Suite Enterprise for Education」は、G Suite for Education エディションで提供されるサービスから成る G Suite の有償版エディションのひとつで、一部サービスでお客様データ内のプライマリ データにデータ リージョン ポリシー設定を適用できるほか、詳細な管理設定、高度な分析および検索機能、エンタープライズ グレードのコミュニケーション ツールなどの追加機能も含まれています。

G Suite アーカイブ ユーザー

  • G Suite Business - アーカイブ ユーザー」は限られた G Suite サービスから成る G Suite のエディションのひとつで、組織は過去のエンドユーザーまたは現在無効になっているエンドユーザーのアカウントを維持して、お客様データを保持できます。このサービスには Google Vault も含まれています。また、お客様はアーカイブ エンドユーザー アカウントあたり 1 TB の Google ドライブの保存容量を利用できます。
  • "G Suite Enterprise - アーカイブ ユーザー」は、G Suite Business - アーカイブ ユーザー エディションで提供されるサービスから成る G Suite のエディションのひとつで、Google ドライブ向けの追加のデータ損失防止(DLP)機能も含まれています。

Drive Enterprise

  • Drive Enterprise」は、Google ドライブ(データ損失防止(DLP)機能を含む)と、Google ドライブと組み合わせて使用する次のサービスおよび機能から成る G Suite のエディションのひとつです。(a)Cloud Identity 管理、(b)Google コンタクト、(c)Google ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライド、Google フォーム、(d)ビジネス向け Google グループ、(e)Google Keep、(f)Google サイト、(g)Google Vault、(h)データ リージョン ポリシー設定(G Suite の一部サービスでお客様データ内のプライマリ データに適用可能)、(i)管理者向けの高度なセキュリティおよび管理機能、移行ツール、モバイル デバイス管理機能。

Cloud Search Platform

  • Cloud Search Platform」は、Google Cloud Search と、Google Cloud Search と組み合わせて使用する(a)Cloud Identity 管理、(b)Google コンタクト、(c)ビジネス向け Google グループの各サービスから成る G Suite のエディションのひとつです。Cloud Search Platform は、サードパーティのデータソース内にあるコンテンツの検索およびアシスト機能を備えています。

Google Voice

  • Voice Starter」は Google Voice のエディションのひとつで、G Suite のいずれのエディションにも追加できます(追加料金が適用されます)。利用できるのは 1 か国の 10 人までのエンドユーザーに限られます。
  • Voice Standard」は Google Voice のエディションのひとつで、G Suite のいずれのエディションにも追加できます(追加料金が適用されます)。利用できるのは 1 か国に限られますが、エンドユーザーの数に制限はありません。Voice Standard には固定電話機能とマルチレベルの自動応答機能も含まれています。
  • Voice Premier」は Google Voice のエディションのひとつで、G Suite のいずれのエディションにも追加できます(追加料金が適用されます)。複数の国で利用でき、エンドユーザーの数にも制限はありません。Voice Premier には固定電話機能やマルチレベルの自動応答機能、高度なレポート機能も含まれています。

アドオン サービス:(アドオン サービスは G Suite サービスではなく、G Suite 契約の対象外です)

  • managed Google Play」は Google がお客様に提供するプラットフォームで、お客様によって提供または認定されてエンドユーザーが使用している Android デバイスを管理することができます。お客様は managed Google Play を使用して、managed Play ストアから当該のデバイス上のアプリケーションをプロビジョニングできます。managed Google Play のご利用にあたっては、www.android.com/enterprise/terms の条項を遵守する必要があります。