G Suite for Education のプライバシーに関するお知らせ

(注) このお知らせはこちらの参考和訳で英語との矛盾がある場合は英語の本文が優先します。

本プライバシーに関するお知らせは、G Suite for Education ユーザーとその保護者に、Google が収集するデ ータ、データを収集する理由、Google でのデータの利⽤についての理解を深めていただくためのものです。 このお知らせには、G Suite for Education 固有のプライバシー保護の取り組みに関する情報が含まれてお り、Google プライバシー ポリシーの最重要箇所を要約したわかりやすい例と説明が補⾜されています。このお知らせと Google プライバシー ポリシーはどちらも G Suite for Education アカウントに適⽤されますの で、ご⼀読ください。

Google が収集する情報

G Suite for Education アカウントとは、⽣徒と教育者による使⽤を⽬的に学校が作成および管理する Google アカウントのことです。アカウント作成にあたって、学校は⽣徒および教育者に関する特定の個⼈情報を Google に提供します。多くの場合はユーザーの名前、メールアドレス、パスワードがこの情報に含まれます が、学校の選択によっては、予備のメールアドレス、電話番号、住所も含まれる場合があります。また、Google は、G Suite for Education アカウントに追加されている電話番号、プロフィール写真、またはその他の情報などの個⼈情報を、そのアカウントのユーザーから直接収集する場合があります。

さらに、Google サービスの利⽤状況に基づいて情報を収集する場合もあります。これには以下の情報が含まれます。

収集した情報の利⽤⽅法
  1. G Suite for Education のコアサービス
  2. G Suite for Education のコアサービス(以下「コアサービス」。Gmail、カレンダー、Classroom、コンタクト、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、ドライブ、グループ、ChatとMeet、Jamboard、Keep、サイト、ToDo リスト、Vault、Chrome 同期。詳細は サービスの概要 参照。)は、G Suite for Education 契約、および該当する場合はデータ処理の修正条項に基づいて学校に提供されます(学校がデータ処理の修正条項に同意しているか否かについては、ユーザーまたは保 護者から学校にご確認ください)。
  3. コアサービスで収集されたユーザーの個⼈情報は、コアサービスを提供する⽬的でのみ使⽤されます。 Google がコアサービスに広告を配信したり、コアサービスで収集した個⼈情報を広告⽬的で使⽤したり することはありません。
  4. ⼀般的な Google サービス
  5. コアサービスに加えて、G Suite for Education ユーザーは⼀般ユーザーが利⽤できるその他の Google サ ービス(Google マップ、Blogger、YouTube など)にもアクセスできます。これらはコアサービスに含まれないため、「追加サービス」と呼ばれます。
  6. Google プライバシー ポリシーに詳述されている Google サービスでの情報の利⽤⽅法は、G Suite for Education にも適⽤されます。つまり、Google はどの Google サービスから収集した情報も、そのサー ビスの提供、維持、保護および改善、新しいサービスの開発、ならびに Google とユーザーの保護のた めに利⽤します。また、ユーザーに合わせてカスタマイズしたコンテンツ(関連性がより⾼い検索結果 など)を提供するためにも当該情報を使⽤します。さらに、Google のあるサービスから取得した個⼈情 報を Google の他のサービスから取得した情報(個⼈情報など)と結び付けることもあります。
  7. Google は、追加サービスで G Suite for Education ユーザーに広告を配信する場合があります。ただし、 幼稚園から⾼等学校までの G Suite for Education ユーザーについては、G Suite for Education アカウン トを使⽤してアクセスしたコアサービスや追加サービスにおいて、ユーザーの個⼈情報(または G Suite for Education アカウントに関連付けられているすべての情報)が広告の表⽰⽬的で使⽤されることはあ りません。

G Suite for Education のコアサービスおよび追加サービスの詳細をご確認ください。

ユーザーによる情報の共有

学校は、情報を他のユーザーと共有したり⼀般公開したりできる機能を備えた Google サービス(Google ド キュメントやサイトなど)へのアクセスを⽣徒に許可することがあります。ユーザーが⼀般公開で共有した 情報は、Google などの検索エンジンによってインデックス登録される場合があります。Google サービスで は、共有およびコンテンツの削除に関するさまざまなオプションをユーザーに提供しています。

Google による情報の共有

Google が収集する情報は、限られた状況下で Google の外部に公開される場合があります。Google は、以下のいずれかに当てはまる場合を除いて、個⼈情報を Google 以外の企業、組織、個⼈と共有することはあ りません。

    1. 適⽤される法律、規制、法的⼿続き、または強制執⾏可能な⾏政機関の要請に応じるため。
    2. 違反の可能性の調査など、該当する利⽤規約を徹底するため。
    3. 不正⾏為もしくはセキュリティや技術上の問題について検出、阻⽌、またはその他の対処を⾏うため。
    4. 法律上必要な、または許可される範囲で、Google、Google ユーザー、または公衆の権利、財産または 安全に対する危害から保護するため。

Google は、個⼈を特定できない情報を公開したり、パートナー(サイトオーナーや接続サイトなど)と共有したりする場合があります。たとえば、Google サービスの⼀般的な利⽤傾向を⽰す情報を公開することがあります。

透明性の確保と選択の⾃由

Google では、G Suite for Education ユーザーが Google サービスでの情報の利⽤⽅法について有意義な選択 を⾏えるように、さまざまなユーザー コントロールを提供しています。学校が有効にしている設定に応じ て、ユーザーはプライバシー ポリシーに記載された各種コントロール(Google アクティビティ管理など) を使⽤して、⾃⾝のプライバシーおよび情報を管理できます。保護者、⽣徒、管理者向けの追加情報につい ては、G Suite for Education プライバシー センターをご覧ください。

保護者による情報の確認と削除

幼稚園から⾼等学校までの G Suite for Education ユーザーの保護者は、お⼦様の個⼈情報にアクセスした り、学校管理者による情報の削除を要請したりすることができます。学校管理者は、Google サービスの機能 に基づいて保護者が個⼈情報にアクセスし、これを削除できるようにすることが可能です。お⼦様の情報の 収集または使⽤の停⽌を希望する保護者は、お⼦様による機能もしくはサービスへのアクセスを制限できる 「サービス管理」の利⽤、またはお⼦様のアカウントの完全な削除を管理者に要請できます。管理者がサー ビス管理を使⽤してこの作業を⾏う⽅法については、G Suite ヘルプセンターをご覧ください。

⽭盾する条項の解釈

このお知らせは、G Suite for Education ユーザーのデータの収集および使⽤に関する重要な情報の提供を⽬ 的とし、Google プライバシー ポリシーおよび G Suite for Education 契約に沿って、わかりやすい例と説明 を補⾜したものです。⽭盾する条項が存在する場合は、G Suite for Education での広告表⽰の制限と同様 に、G Suite for Education 契約(改訂された場合はその改訂版)、本プライバシーに関するお知らせ、 Google プライバシー ポリシーの順で優先されます。

お問い合わせ

学校による G Suite for Education アカウントの管理や個⼈情報の使⽤に関してご不明な点がありましたら、 G Suite for Education アカウントの管理者にお問い合わせください。Google の取り組みに関してご不明な点 がございましたら、G Suite for Education プライバシー センターをご利⽤ください。また、プライバシーと Google のサービスについてご質問がある場合は、プライバシーに関するトラブルシューティング をご覧く ださい。G Suite for Education 管理者がこのお知らせの情報について Google に問い合わせるには、管理者 アカウントにログインしてお問い合わせフォームを送信します。

Google

1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043 USA

電話番号: +1 650-253-0000