ドライブ

ファイルを簡単に保存、同期、共有する

会社のすべてのデータを 1 か所で安全に保管できます。パソコンやモバイル端末から簡単にファイルにアクセスでき、チームでの共有方法を管理できます。

無料試用を開始

データを安全に保護する

G Suite の一元的な管理コンソール パネル、データ損失防止(DLP)、Vault for Drive により、データのコンプライアンス要件を満たしつつ、ユーザーの管理やファイルの共有を簡単に行うことができます。

必要に応じたストレージの確保

G Suite の Business、Enterprise、Team エディションでは容量無制限のクラウド ストレージをご利用いただけるため、常にすべてのファイルを保存できる十分な容量があります。

データを有効活用

Google ドライブには、機械学習によりユーザーが必要とするファイルを予測する機能が備わっているため、会社で使うデータをさらに有効に活用できます。自然言語検索光学式文字認識(OCR)などの機能によりコンテンツの検索が容易にできることに加え、クイック アクセス機能を使えば、定期的な作業パターンや会議のスケジュールなどを基に必要なファイルが提示されるので、検索する必要すらありません。

チーム作業も整然と

チームドライブを使用すれば、チームで使うあらゆるファイルを安全に保存でき、共有場所の管理も簡単です。チームドライブに追加されたファイルは、そのチームがオーナーとして管理するため、メンバー全員が常に最新のファイルにアクセスできます。

ドライブのすべてのファイルを数秒でパソコンに取得できます。

ドライブ ファイル ストリームを利用すると、必要に応じて Mac や Windows パソコンからドライブのすべてのファイルに直接アクセスでき、ディスク容量を使い果たすこともなくなります。ファイルが同期されるのを待つ時間を減らして、生産的な作業にかける時間を増やせます。

サードパーティ製アプリでドライブの機能を拡張

電子署名用の DocuSign、セキュリティ強化用の CloudLock、作図用の LucidChart など、数百種類から選べる連携アプリを使うことで、ドライブから直接さまざまな処理を行うことができます。

使い慣れたツールからシームレスにドライブを使用

Microsoft Office や Outlook 向けのプラグインを利用すれば、ドライブを簡単にワークフローに組み込むことができます。また、ドライブでは PDF や MPEG4 をはじめ、40 種類以上のファイル形式を開くことができ、ドライブにある Microsoft Word のファイルで直接作業することもできます。

ファイルの共有方法を管理

共有するよう指定しない限り、ファイルが公開されることはありません。ファイルのダウンロード、編集、コメント入力、閲覧のいずれかを行う権限をユーザーごとに割り当てることで、複数の版が作成されたり、ファイルが統合されたりするのを防げます。共有ファイルに期限を設けることもできます。

Google ドライブについてのよくある質問

現在使用しているファイル ストレージ ソリューションからドライブに移行できますか?

はい、Google の移行ツールや移行サービスを使って、現在ご利用のストレージ ソリューションからお客様の組織の重要なデータを G Suite に移動していただけます。

ドライブで利用できるストレージはどのくらいですか?

G Suite の Basic エディションでは、ドライブと Gmail でユーザーあたり 30 GB のストレージをご利用いただけます。G Suite の BusinessEnterpriseTeam エディションでは、容量無制限でストレージをご利用いただけます(5 ユーザー未満のアカウントの場合はユーザーあたり 1 TB となります)。ドライブにはあらゆる形式のファイルをアップロードでき、一部のファイル形式については Google ドキュメントスプレッドシートスライド の形式に変換できます。

有料版のドライブにはどのような利点がありますか?

有料版のドライブでは、個人用ドライブおよび Gmail の 2 倍のストレージ、24 時間 365 日のサポート、共有管理機能、詳細なレポート機能をご利用いただけます。容量無制限のストレージ(5 ユーザー未満のアカウントでは、1 ユーザーにつき 1 TB)にアップグレードすることもできます。