ドライブ

ファイルの保管、アクセス、共有を 1 つの安全な場所でまとめて行う

  • あらゆるファイルをすべて保存でき、いつでもどこにいてもパソコンやモバイル端末からアクセスできます。ファイルの共有方法も管理できます。
無料試用を開始 お問い合わせ

必要に応じたストレージの確保

G Suite の Business エディションと Enterprise エディションでは、容量無制限のストレージをご利用いただけるため、常にすべてのファイルを保存できます。一元管理、データ損失防止(DLP)、ドライブ向け Vault により、データのコンプライアンス要件を満たしつつ、ユーザーやファイル共有の管理を簡単に行うことができます。

ドライブ ストレージ

必要なファイルが検索する前に見つかる

ドライブは Google の AI 機能を利用して、ユーザーにとって重要なファイルをリアルタイムで予測、表示します。クイック アクセスや機械学習による検索などの機能を使って重要なコンテンツ、共同編集者、予定を把握し、各ユーザーに必要だと思われるファイルを提示します。

さらに便利に

チームのファイルを共有スペースに整理

チームドライブを使用すれば、チームで使うファイルを安全に保存でき、共有場所の管理も簡単です。チームドライブに追加されたファイルは、そのチームがオーナーとして管理するため、メンバー全員が常に最新のファイルにアクセスできます。

内蔵

ブラウザを開かなくてもパソコンでファイルにアクセス

ドライブ ファイル ストリームを利用すると、パソコンからファイルに直接アクセスでき、ディスク容量を使い果たすこともなくなります。ファイルが同期されるのを待っていた時間を、生産的な作業に費やせます。

シームレス

サードパーティ製アプリでドライブの機能を拡張

電子署名用の DocuSign、セキュリティ強化用の CloudLock、作図用の LucidChart など、数百種類から選べる連携アプリを使うことで、ドライブから直接さまざまな処理を行うことができます。

使い慣れたツールからシームレスにドライブを使用

Microsoft Office や Outlook 向けのプラグインを利用すれば、ドライブを簡単にワークフローに組み込むことができます。また、ドライブでは PDF や MPEG4 をはじめ、40 種類以上のファイル形式を開くことができ、ドライブにある Microsoft Word のファイルで直接作業することもできます。

ファイルの共有方法を管理

共有するよう指定しない限り、ファイルが公開されることはありません。ファイルのダウンロード、編集、コメント入力、閲覧のいずれかを行う権限をユーザーごとに割り当てることで、複数の版が作成されたり、ファイルが統合されたりするのを防げます。共有ファイルに期限を設けることもできます。

従業員 1 人あたり 1 週間で 10% 作業効率がアップし、セキュリティ環境も万全です。

Bill Lutzen 氏

Journal Communications

Google ドライブについてのよくある質問

現在使用しているファイル ストレージ ソリューションからドライブに移行できますか?

はい、Google の移行ツールや移行サービスを使って、現在ご利用のストレージ ソリューションからお客様の組織の重要なデータを G Suite に移動していただけます。

ドライブで利用できるストレージはどのくらいですか?

G Suite の Basic エディションでは、ドライブと Gmail でユーザーあたり 30 GB のストレージをご利用いただけます。G Suite の Business エディションと Enterprise エディションでは、容量無制限でストレージをご利用いただけます(5 ユーザー未満のアカウントの場合は、ユーザーあたり 1 TB となります)。ドライブにはあらゆる形式のファイルをアップロードできるほか、一部のファイル形式については Google ドキュメントスプレッドシートスライドの形式に変換することも可能です。

スタンドアロンのサービスである、Drive Enterprise とはどこが違いますか?

Drive Enterprise は、従量課金制のスタンドアロン サービスです。アクティブ ユーザーあたり月額 8 米ドル、および 1 GB あたり 0.04 米ドルでご利用いただけます。サービス内容には、共有管理機能、Vault、DLP、BigQuery データへのアクセス、Apps Script、Cloud Identity Free Edition が含まれます。さらに詳しくは、こちらをご確認ください。